TOP
45.42score

ペコ杉山

運動と音楽の関係

運動しながら音楽を聴く場合は、HDD形式のものより振動に強いメモリーカード形式の携帯プレイヤーを利用します。ヘッドホンだとずれやすいのでカナル型のイヤホンを耳にガッツリ入れてランニングしたりしています。

個人的には低音効きがいいほうが好みなのでそれに適したものを利用しています。聞く曲はその日の気分でいろいろ変えています。テンションをあげたい時は熱いビートの曲を聞きますし、ゆっくりしたペースでやりたいといったときには、スローペースの曲やバラードでしっとりと運動します。音楽を聴きながらだと疲れがまぎれるので、運動効率がよくなっているのではないかと感じます。

いつもより長く走れたり、アドレナリンが出ているのかパワーが出ている気がします。音楽の力というのは、それだけ体の動きに影響を与えるほど偉大ということです。実際、リズミックボクシングやブートキャンプ等でも音楽は用いられてますし、リズムに合わせて動くことで楽しく、かつ効率的に運動を行えています。つまり、音楽と運動というのは非常に相性がよく、積極的に取り入れていくべきものなのです。

個人で行う場合は、メモリ式のプレイヤーが必須ですが、今では安価で購入できますし、スマートフォンとか誰でも持っているようなものでも音楽を聴けたりするので、音楽とスポーツというのは本当に手軽になっていると感じます。曲もパソコンに保存したものを自由に選ぶことができますし、どの曲を聞くか毎回悩みます。

.

最終更新日:2014-11-28 18:59

コメント (0)